MENU

夫がブラック→専業主婦の借入はOK?

夫が過去に債務整理や多重債務などでブラックリスト入りしている場合でも、銀行なら専業主婦でも融資を受けられる可能性があります。
銀行が提供している専業主婦向けのカードローン商品では、申込審査において審査対象となるのは申込みをしているその人だけになります。
個人信用情報をも開示請求できるのは申込者本人の分だけです。

 

ただしブラック入りしている夫の住所や電話番号との一致から関係性が知られることもあり、そうなると審査が不利な状況になるケースもあり得ます。
信用情報のデータというのは利用した金融機関のみならず、すべての金融業者間で共有されています。

 

申し込み先が夫が金融事故を起こした金融業者でないとしても、ブラックリストの記録から審査に影響が出る可能性もあるということを頭に入れておきましょう。
ただ基本的には夫の信用情報が照会されるわけではありませんし、申込みに際して配偶者の同意書や所得証明書が求められることもありません。
銀行で無職の専業主婦が借入する場合の条件としては、配偶者に安定した収入があることです。
ネット申込やWEB明細といった方法を上手に利用すれば、旦那や家族に内緒でお金を借りることも十分に可能です。

 

いつの時代も家計のやりくりは主婦の最大の悩みですが、今では銀行カードローンのように便利な金融商品があるので大いに助かります。
でもいくら便利だからといって気軽に借りてばかりでは困ります。毎月コツコツで良いので返済は絶対に怠らないこと、そのために必要以上に借りすぎないことがポイントです。
その点限度額が小さくて金利も低めな銀行カードローンは安心して利用しやすいのではないでしょうか。

 

ちなみに銀行は貸金業者ではないので総量規制の影響を受けません。
借入総額が年収によって制限されることもないので、他社からの複数の借入をまとめて借り換えするのにも最適です。
借金を一本化することで金利を下げて、返済にかかる利息負担を大幅に軽減できる可能性があります。