MENU

銀行カードローンの借り入れ限度額

色々なカードローンがある中で、ひときわ安心感が高いのが銀行のカードローンです。
消費者金融と比較してみると実質年率は全体的に低めの設定なので、利息の支払いが心配な人も利用しやすいのではないでしょうか。
また銀行カードローンの最大のポイントともいえるのが総量規制対象外であるということです。
消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は総量規制の対象となり、借入総額は年収の1/3未満までに制限されてしまいます。
でも銀行なら借入額に法律上の規制はありません。

 

そこでおすすめなのが、おまとめローンとしての利用方法です。
複数の金融機関からの借入を抱えている人は高い金利でだいぶ損をしている上に、バラバラの約定返済日の管理も大変です。
すべての借入金を一本化して銀行で借り換えすることで、年率を引き下げられる効果が期待できます。

 

さらに毎月あちらこちらに返済を行う手間も省けます。
それから総量規制の対象外ということで、専業主婦にも最適なのが銀行のカードローンです。
そもそも収入がなければ消費者金融では融資してもらえないので、専業主婦がお金を借りられるのは銀行だけなのです。
申込はインターネットや自動契約機を利用すれば夫にバレる心配もありません。

 

配偶者に安定した収入があることが借入の条件ですが、特に夫の同意書も必要ありません。
ただし借入できる限度額はそれほど大きいものではありません。
基本的には夫の収入を頼りに返済を行っていくのですから、貸付するほうも大口融資というわけにはいかないのです。
専業主婦向けのカードローンでは、五万円〜数十万円程度の限度額が一般的となっています。
審査回答までにかかる時間はスピーディで、条件次第では最短即日融資にも対応してもらえます。

 

カードや明細書の郵送をストップしておけば家族に内緒で借り入れできるので安心です。
カードは自動契約機受け取りにして、明細はWEB上で確認することが可能です。