MENU

審査内容、違いはあるの?

専業主婦がお金を借りるとしたら、利用できるのは銀行系のカードローンに限られてきます。
銀行では配偶者に一定の収入があることを条件に、専業主婦向けのキャッシング商品を提供しています。
収入がない人にお金を貸すのですから、どうしても融資金額は限られた金額になってしまいます。
でもかえって借りすぎて返せなくなる心配も少ないですから、ある程度の限度額で丁度よいのです。

 

何よりも仕事を持たない主婦でも手軽に借り入れできる点が大きなポイントとなっています。
しかも申し込みするために面倒な書類は一切必要ありません。
必要なのは本人確認書類のみで、ご主人の同意書や収入証明書などは不要です。

 

キャッシングすることを夫に知られたくないという人にもおすすめです。
申し込み審査は一般的なカードローン審査とほとんど変わりありません。
世間には「審査ナシ」「審査が甘い」「主婦OK]などと勧誘する金融業者もいますが、間違っても審査が甘いカードローンなどというものは存在しません。

 

そういう業者はお金が必要だけれど審査に通るか不安な人たちの心理を巧みに利用してお金を貸し付ける、いわゆる闇金の可能性も高いです。
一旦契約をしてしまうと大きなトラブルに発展しますので、くれぐれも手を出さないよう注意が必要です。
そもそも消費者金融や信販系のカードローンは総量規制の対象となりますから、無職の人や専業主婦には貸付を行っていません。
もちろん主婦の中にも結婚・出産後もフルタイムで会社勤めを続けていたり、パートやアルバイトをしている人もいます。
そういう女性は消費者金融でも申し込みができます。

 

銀行は貸金業者ではないため総量規制の対象外となり、年収ゼロの人でも融資してもらえる可能性があるのです。
しかも比較的金利が低く設定されているので、返済時にかかる利息負担も軽減しやすいです。
世間の人の持つ絶対的な信頼度も、銀行カードローンが人気を集める理由の一つとなっています。