MENU

無職の主婦でも借りられるの?

消費者金融やクレジットカード会社は総量規制の対象となるため、基本的には年収ゼロの人は融資を受けることができません。
これらの貸金業者を利用できるのは、返済能力つまり定期的な収入が見込める人だけです。
必ずしも正社員である必要はなく、パートでも派遣社員でもOKです。
大学生や専門学校生でも一定のアルバイト収入があれば申し込みできる消費者金融もあります。

 

これに対して銀行のカードローンは総量規制の対象外となっていますので、無職の専業主婦向けにも貸付を行っています。
申込が可能なカードローン会社は専業主婦でも借りられるカードローンで確認しましょう。
銀行は金利も低めですし、もちろん他のカードローンと同じように担保も保証人・連帯保証人も必要ありません。
申し込みをしてから審査回答までは大変スピーディで、中には即日キャッシングが可能な場合もあります。
契約には運転免許証や健康保険証などの本人確認書類が必要になりますが、他に面倒な書類は不要です。
旦那さんの同意書や所得証明書類もなしで申し込みできるので、誰にもバレずにお金を借りることも可能です。
子供の教育費や日々の交際費、予測不可能な冠婚葬祭にかかわる出費など、ご主人の給料だけではどうしてもやりくりできないという悩みを持つ妻としては大きな味方です。

 

夫に安定した収入があることが条件となっていますが、審査の際に夫の信用情報が見られることもありません。
信用情報の照会は自分の分だけが見られます。
信用情報を見る際には他の借金を抱えていないかもチェックされます。

 

すでに多くのキャッシングを利用していたり延滞の記録がある場合は、審査に不利になる可能性もあるので注意しましょう。
晴れて審査に通った後も、キャッシングの利用には十分な計画性と注意が必要になってきます。
毎月の支払いが追いつかなくなるほど借りないこと、必要最低限の借り入れにとどめることを常に頭に入れておきましょう。
延滞が続いたり最悪ブラックリストに入ってしまったりすると、今後もし新たなカードローンを申し込んだり共同名義で住宅ローンを組みたいときにも非常に厳しい状況になる可能性があります。